サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼出版書籍のご案内

« 書籍のご案内 トップに戻る

中医学をマスターする5つのステップ

『腹証図解 漢方常用処方解説』(赤本)

『腹証図解 漢方常用処方解説』(赤本)


  髙山 宏世 編著
  A5判 328頁 *カバー付き
  定価:本体1,800円+税
  発行元:東洋学術出版社







漢方医学書のベストセラー『赤本』


本書の紹介
本書は,昭和63年(1988年)の発行以来,『赤本』の愛称で親しまれ,漢方を学ぶ臨床家の支持を獲得してきた名著です。すでに59回も増刷を重ねてきた書ですが,私家版であるため一般書店では流通せず,限定的に販売されてきました。このたび,当社が本書の刊行を引き継ぐことになり,これを機に本書を一般書店で流通させることにいたしました。内容・体裁とも従来のものと変更せず同じです。
エキス剤で健康保険適用の126処方を薬効別に収載。各処方とも,見開きの2頁に方意,診断のポイント,処方の特性と舌証,脉証,腹証,その他原典の読み下し文,君臣佐使,構成生薬の本草学的効能,類方鑑別などがまとめられており,特にその処方の特徴をよく表したユニークな腹証図が好評です。


【本書の特徴】
 ◇現在,医療機関で繁用される医療用漢方製剤のなかから
  126処方を収録。
 ◇各処方は,解表剤・和解剤・表裏双解剤・瀉下剤・清熱剤・
  温裏補陽剤・補気剤・補血剤・気血双補剤・滋陰剤・理気剤・
  安神剤・利水剤・駆瘀血剤といった効能別に分類。
 ◇各処方の解説は,それぞれ見開き2頁で収め,以下の内容を示す。
   処方名(出典)
   挿絵:腹証および体表上に現れる典型的な症状を示す。
   方意:処方の適応する具体的な症状を簡略に記し,
       脈象と舌象を附記。
   診断のポイント:証を決定するにあたって目標とすべき症候を
       箇条書きで列記。
   原典:出典の条文をカタカナ交じりの書き下し文で表記。
   処方:構成生薬の薬物名と1日分の分量のグラム数を表記。
   構成:処方の君臣佐使を記す。
   方義:構成生薬の本草学的薬効と中医学的効能を記す。
   八綱分類:処方の表裏・寒熱・虚実を記す。
   効能:エキス製剤の適応症を記す。
   類方鑑別:証のまぎらわしい処方との鑑別ポイントを記す。




◆あわせて読みたい!


 【三考塾叢刊】


☞◇『古今名方 漢方処方学時習』
   (通称 青本) 【委託販売】
   『赤本』の内容をより深く学習するには。
『古今名方 漢方処方学時習』(青本)

☞◇『弁証図解 漢方の基礎と臨床』
   (通称 黄本) 【委託販売】
   「この病気に使える漢方処方はなにか?」
   に答える。
『弁証図解 漢方の基礎と臨床』(黄本)

 「読もう」シリーズ

『傷寒論を読もう』
   こんな解説書が欲しかった!
   同著者による『傷寒論』の解説書。
   『金匱要略も読もう』の姉妹篇。
『傷寒論を読もう』

『金匱要略も読もう』
   『傷寒論』だけではもったいない!
   同著者による『金匱要略』の解説書。
   『傷寒論を読もう』の姉妹篇。
『金匱要略も読もう』



【著者略歴】
 髙山 宏世(たかやま・こうせい)

1934年 鹿児島県生まれ
1962年 九州大学医学部卒業
1963年 九州大学医学部第三内科教室入局
1969年 漢方医学の独習開始
1970年 福岡鳥飼病院内科勤務
1974年 髙山クリニック(福岡市中央区)開業
1979年 寺師睦宗先生に師事
1984年 漢方三考塾(寺師先生)加盟
2005年 日本東洋医学会奨励賞受賞
2007年 院長職を辞任
以後,執筆と講演活動に専念。
所属学会:日本内科学会,日本東洋医学会
主な著書:『腹証図解 漢方常用処方解説』(1988年),『古今名方 漢方処方学時習』(1998年),『弁証図解 漢方の基礎と臨床』(2003年),以上3冊は漢方三考塾叢書,日本漢方振興会漢方三考塾発行。『傷寒論を読もう』(2008年,東洋学術出版社),『漢方赤本』(『腹証図解 漢方常用処方解説』電子版,株式会社オポチュニット,2011年),『臓腑経絡・三焦の弁証と処方』(分担執筆,2011年,たにぐち書店),『いのちを養う漢方講座』(2013年,たにぐち書店),『金匱要略も読もう』(2016年,東洋学術出版社)。


ページトップへ戻る