サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼出版書籍のご案内

« 書籍のご案内 トップに戻る

中医学をマスターする5つのステップ

『中医基本用語辞典』

中医基本用語辞典
  監修 高金亮/主編 劉桂平・孟静岩
  執筆 劉桂平・孟静岩・袁紅霞・胡利民
      龐樹玲・李彦・応森林
  翻訳 中医基本用語辞典翻訳委員会
  A5判/ビニールクロス装・函入り 872頁

定価:本体8,000円+税




 

本の紹介(PDF)『中医基本用語辞典』チラシ   内容見本『中医基本用語辞典』組見本


●中医学のハードルを超える!
――難解な中医学用語への戸惑いを解消するために,日本の学習者の実情に合わせて編纂。
 
●中医学を学ぶ人なら必ず手元に置きたい「基本用語辞典」
―― 東洋医学・中医学の初学者,および臨床家にぴったりの辞典。医師・薬剤師・鍼灸師・看護師・栄養士など幅広い医療従事者,ならびに医学生・薬学生・鍼灸学生や,薬膳・気功・太極拳・中医美容など,中医学を学ぶ人すべての必携参考書。
 
●平易な説明文を,読みながら学べる
――とっつきにくく難解な中医学の専門用語を,平易な説明文で解説。はじめて中医学を学ぶ人にとってもわかりやすく,中医学の基礎がしっかり身に付く。
 
●五十音順配列に加えて,関連用語もすぐに引けるように配置
――用語を探しやすい五十音順の配列を基本にしながら,親見出し語の下に子見出し語・孫見出し語を配列,関連用語も同時に調べられるように工夫。関連用語も参照しやすく,調べやすい。
 
●中医病名に,代表的な弁証分型を併記
――中医病名を引くと,その中の代表的な弁証分型が子見出し語として収載されている。病名の解説とあわせて,弁証分型ごとに治法・方剤名・配穴など,治療の際の参考になる情報がすぐに得られる。
 
●図表を多用して,理解を助ける
――イラストや図・表を随所に用い,初学者でも容易に理解を深められるように配慮。
 
●同義語集で用語の混乱を解消
――巻末付録に中医同義語集を収載。たとえば「滋陰」「養陰」「益陰」など,中医学を学ぶうえで混乱しやすく,やっかいな「同義語」を,病因・病機・治則・治法・症状ごとに分類,使用頻度を記して一覧表にまとめた。
 
●年表・中薬一覧表・方剤一覧表・経絡図など,充実した巻末付録
――巻末付録には,中国医薬学史年表・五行分類表・中薬一覧表・方剤一覧表・度量衡表・十二経脈図・奇経八脈図・身体図などを収載。学習時に,また臨床においても参考になる。



【制作協力者】
監修   高金亮(天津中医薬研究院)
主編   劉桂平(天津中医薬大学)  孟静岩(天津中医薬大学)
執筆   劉桂平(天津中医薬大学)  孟静岩(天津中医薬大学)
      袁紅霞(天津中医薬大学)  胡利民(天津中医薬大学)
      龐樹玲(天津中医薬研究院)  李 彦(天津中医薬大学)
      応森林(天津中医薬大学)
翻訳   中医基本用語辞典翻訳委員会
  監訳 浅川 要(原文照合) 渡邊賢一(訳文の統一と校閲)
  翻訳 浅川 要  伊達啓太郎
      上村澄夫  東郷俊宏
      加藤恒夫  兵頭 明
      柴崎瑛子  福田裕子
      関口善太  渡辺明春
      鈴木元子  渡邊賢一
                   (五十音順)
編集協力 柴崎瑛子  別府雅人
挿絵   孟静岩
装丁   市川寛志


【書評】 『中医基本用語辞典』(PDF)
    安井廣迪先生 漢方の臨床 第54巻第1号
    形井秀一先生 鍼灸OSAKA vol.22 No.2
    大野修嗣先生 漢方と最新治療 16巻1号
    篠原昭二先生 医道の日本 第754号



読者の声

ページトップへ戻る