サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼出版書籍のご案内

« 書籍のご案内 トップに戻る

中医学をマスターする5つのステップ

『[改訂版]中医基本用語辞典』

[改訂版]中医基本用語辞典

  監修:高金亮
  主編:劉桂平・孟静岩
  執筆:劉桂平・孟静岩・袁紅霞・胡利民
      龐樹玲・李彦・応森林
  翻訳:中医基本用語辞典翻訳委員会
  A5判/ビニールクロス装・函入り/912頁
           定価:本体8,600円+税

 

■ご注意ください■               
※本書は4月22日(水)発行予定です。
本書を含むご注文につきましては 
4月22日以降の発送となります。
※到着をお急ぎのものについては別途ご注文ください。


※※本改訂版は4月22日発行予定です。
現行の版をご希望の場合は下記ページよりお早めにお求めください

【現行版】『中医基本用語辞典』
http://www.chuui.co.jp/book/000061.php


 
中国伝統医学を学ぶすべての方に。
「基本用語辞典」を“大改訂”!



改訂のおもな内容

 ●新たに668語を追加して“大改訂”
  今回の改訂では,旧版では欠けていた2字の中医学の
  専門用語を中心に追加。旧版の用語約3,500語と合わせ,
  合計約4,200語を収載。さらに見出し用語の扱いを改め,
  探したい用語を引きやすく編集し直した。

    ▶改訂版で追加された用語の一覧はこちら(PDF)PDFでご覧になれます


●中医学を学ぶ人なら,必ず手元に置きたい「基本用語辞典」
――中国伝統医学の入門者や臨床家にぴったりの辞典。医師・薬剤師・鍼灸師・看護師・栄養士など幅広い医療従事者ならびに医学生・薬学生・鍼灸学生や,薬膳・気功・太極拳・中医美容など,中国伝統医学を学ぶ人すべての必携参考書。

●平易な説明文を,読みながら学べる
――とっつきにくく難解な中医学の専門用語を,平易な説明文で解説。はじめて中医学を学ぶ人にとってもわかりやすく,中医学の基礎がしっかり身に付く。

●五十音順配列に加えて,関連用語もすぐに引けるように配置
――用語を探しやすい五十音順の配列を基本にしながら,親見出し語の下に子見出し語・孫見出し語を配列,関連用語も同時に調べられるように工夫。関連用語も参照しやすく,調べやすい。

●中医病名に,代表的な弁証分型を併記
――中医病名を引くと,その中の代表的な弁証分型が子見出し語として収載されている。病名の解説とあわせて,弁証分型ごとに治法・方剤名・配穴など,治療の際の参考になる情報がすぐに得られる。

●図表を多用して,理解を助ける
――イラストや図・表を随所に用い,初学者でも容易に理解を深められるように配慮。

●同義語集で用語の混乱を解消
――巻末付録に中医同義語集を収載。たとえば「滋陰」「養陰」「益陰」など,中医学を学ぶうえで混乱しやすく,やっかいな「同義語」を,病因・病機・治則・治法・症状ごとに分類,使用頻度を記して一覧表にまとめた。

●年表・中薬一覧表・方剤一覧表・経絡図など,充実した巻末付録
――巻末付録には,中国医薬学史年表・五行分類表・中薬一覧表・方剤一覧表・度量衡表・十二経脈図・奇経八脈図・身体図などを収載。学習時に,また臨床においても参考になる。



【制作協力者】
監修   高金亮(天津中医薬研究院)
主編   劉桂平(天津中医薬大学)  孟静岩(天津中医薬大学)
執筆   劉桂平(天津中医薬大学)  孟静岩(天津中医薬大学)
      袁紅霞(天津中医薬大学)  胡利民(天津中医薬大学)
      龐樹玲(天津中医薬研究院)  李 彦(天津中医薬大学)
      応森林(天津中医薬大学)
翻訳   中医基本用語辞典翻訳委員会
  監訳 浅川 要(原文照合) 渡邊賢一(訳文の統一と校閲)
  翻訳 浅川 要  伊達啓太郎
      上村澄夫  東郷俊宏
      加藤恒夫  兵頭 明
      柴﨑瑛子  福田裕子
      関口善太  渡辺明春
      鈴木元子  渡邊賢一
      田久和義隆
                   (五十音順)
編集協力 柴﨑瑛子  別府雅人
挿絵   孟静岩
装丁   山口方舟


 
内容紹介

目次

本文体裁見本PDFでご覧になれます
 
  「あ」~「い」の一部PDFでご覧になれます

ページトップへ戻る