サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼出版書籍のご案内

« 書籍のご案内 トップに戻る

中医学をマスターする5つのステップ

『疾患・症状別 漢方治療 慢性疼痛』

『疾患・症状別 漢方治療 慢性疼痛』


  世良田 和幸 監修
  B5判 並製 2色刷 128頁
  定価:本体2,720円+税

 
  







疼痛治療の悩みを漢方で解決するヒントがここにある。


本書の内容
本書は,慢性疼痛における疾患・症状別の漢方治療について西洋医学,中医学,日本漢方,鍼灸とさまざまな視点から解説をしています。漢方・中医学理論にもとづいた慢性疼痛のとらえ方や,具体的な治療法を体系的に学べる構成になっています。特集とインタビューでは,現代医療における慢性疼痛の漢方(鍼灸)治療の位置づけと役割について掘り下げています。また,日常の臨床における慢性疼痛治療に漢方を取り入れられるように,さまざまな症例・疾患を多数提示。コラムでは,気軽に実践できる漢方ライフについて「痛み」をテーマに“薬膳”“ツボ押し”“養生”の視点から紹介しています。


◆本書の特徴◆
 ◇長年にわたりペインクリニック医として第一線で活躍し,漢方治療についても造詣の深い,世良田和幸先生が監修。
 ◇西洋医学,日本漢方,中医学,鍼灸などそれぞれバックグランドの異なる医師・鍼灸師が,疾患・症状ごとの慢性疼痛における漢方(鍼灸)治療について具体的な症例をもとに解説(漢方治療:13例,鍼灸治療:3例)。
 ◇特集では在宅医療における慢性疾患やがんといった痛みでの漢方の使い方を山口竜司先生に取材。インタビューでは,痛みの漢方治療でけん引役を担う平田道彦先生と難治性慢性痛の研究と臨床の最前線で活躍する滋賀医科大学の福井聖先生にそれぞれ話をうかがった。
 ◇漢方の初心者には入江祥史先生が慢性疼痛の漢方・中医学での捉え方と治療法をわかりやすく伝える。また,日本の漢方治療の第一人者である織部和宏先生が古典をもとに慢性疼痛の治療について解説。
 ◇さらにコラムでは,気軽に実践できる漢方ライフについて「痛み」をテーマに“薬膳”“ツボ押し”“養生”とそれぞれの視点から綴る。




◆あわせて読みたい!


 【三考塾叢刊】


『腹証図解 漢方常用処方解説[改訂版]』
   (通称 赤本)
   漢方医学書のベストセラー『赤本』大改訂!
   エキス剤で健康保険適用の126処方を
   薬効別に収載
『腹証図解 漢方常用処方解説[改訂版]』(赤本)

☞◇『古今名方 漢方処方学時習』
   (通称 青本)
   『赤本』の内容をより深く学習するには。
『古今名方 漢方処方学時習』(青本)

☞◇『弁証図解 漢方の基礎と臨床』
   (通称 黄本)
   「この病気に使える漢方処方はなにか?」
   に答える。
   症状・病名別にまとめた“常用処方解説”
『弁証図解 漢方の基礎と臨床』(黄本)

 中薬・方剤・鍼灸

『[新装版]中医臨床のための中薬学』
   永久不変の輝きを放つ生薬の解説書!
『[新装版]中医臨床のための中薬学』

『[新装版]中医臨床のための方剤学』
   方剤学の名著が大幅に増補改訂して復刊!
『[新装版]中医臨床のための方剤学』

『運動器疾患の針灸治療』
   すべての医師と鍼灸師に!
『運動器疾患の針灸治療』



【監修者略歴】
 世良田 和幸(せらだ・かずゆき)

 1976年,昭和大学医学部を卒業。同大学大学院修了後,麻酔科へ入局。昭和大学藤が丘病院,昭和大学横浜市北部病院などで約40年間,手術室における麻酔とペインクリニックでの診療に携わる。2014 年同大学横浜市北部病院病院長に就任。昭和大学名誉教授。2018年4月から渕野辺総合病院病院長。


ページトップへ戻る