サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼『中医臨床』

« 『中医臨床』 トップに戻る

中医臨床 通巻16号(Vol.5 No.1)

中医臨床 通巻16号
 特集/漢方常用処方の考え方・使い方




SOLD OUT


本号の主な内容
【特集/漢方常用処方の考え方・使い方】
■眼科の針灸治療
■中西医結合による腫瘍治療の概況
■〔連載〕江戸時代における復古医学について(長沢元夫)


目次

⇒目次をPDFで見る


* 巻頭言/中医学に何を学ぶか――アルマ・アタ宣言に関して
          (川瀬清)


【特集/漢方常用処方の考え方・使い方】
  * 傷寒方の運用/瀉心湯と心下痞(劉渡舟)
  * 小青竜湯の臨床応用(顧雨時ほか)
  * 四物湯の臨床応用(高学敏)
  * 問題提起/桂枝湯は太陽表虚証に適用できるか(羅謙)
  * 桂枝湯は表虚の方剤ではない(沈済蒼)
  * 小柴胡湯による体質改善について(李森)

* 現代中医眼科学概説(下春及)
* 中西医結合による腫瘍治療の概況(郁仁存)
* 胃切除術後における機能異常の治療(李乃郷)
* 中国の薬学情報――新薬開発の側面から(米田該典)
* 江戸時代における復古医学について<1>吉益東洞論(長沢元夫)
* 日本近世『内経』研究見在書目録稿(小曽戸洋・石原武)
* 最近の中国医学思想と方法論(菅井正朝)
* 中成薬の運用<7>「天王補心丹」で不眠を治す(猪越恭也)

* 針灸特集/眼科疾患の針灸治療
  ・針灸は眼科疾患をどこまで治せるか(李志明)
  ・眼科疾患の針灸弁証論治(石学敏ほか)
  ・視神経疾患に対する刺針治療の臨床観察(黄聖源ほか)
  ・刺針治療による近視900例の治療効果の観察(徐笨人ほか)
  ・色覚異常200例に対する電針治療の臨床観察(劉抗華)

* シンポジウム/経絡研究の新しい局面(李鍾朴)
* 「第三平衡系統」論――経絡系統(孟昭威)
* 中医針灸入門講座<3>(耿恩広)
* 鐘医師の診断<9>風邪・生理不順・下痢に補中益気湯(明堅)
* 中医学基礎Q&A/弁証とは(劉蒸池ほか)
* インタビュー/岡田研吉さんの留学生活(岡田研吉)

ページトップへ戻る