サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼『中医臨床』

中医臨床 通巻157号(Vol.40-No.2) 特集/難治性婦人科疾患の中医治療

中医臨床 通巻157号(Vol.40-No.2)特集/難治性婦人科疾患の中医治療 中医学の難治性婦人科疾患治療はどこまで来たか
【特集】難治性婦人科疾患の中医治療

婦人科はさまざまな診療科のなかでも漢方薬が頻用される分野で,月経不順や月経痛,PMSや更年期障害などでは,当帰芍薬散・加味逍遙散・桂枝茯苓丸などが日常的に処方され,実際に有効性を発揮している。こうした疾患や症状に対する漢方治療はすでに多くのところで取り上げられているので,今回の特集では,西洋医学的な治療が奏効しない,あるいは奏効しにくい難治性の婦人科疾患に焦点を当てる。特に多囊胞性卵巣症候群(PCOS)と早発卵巣不全(POF)について重点的に取り上げる。
まず別府正志先生に西洋医学的に難治と思われる婦人科疾患の中医学治療の概略について,ご自身の考え方を紹介していただき,次にPCOSとPOFについて中国の経験を紹介する。それぞれの疾患に対し,現在の中国でどのような治療が行われているかを示すほか,朱南孫,肖承悰,夏桂成といった現代中国の名中医の具体的な治療についても詳しく紹介する。


定価 : 本体1,600円+税




 

ページトップへ戻る