サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼『中医臨床』

« 『中医臨床』 トップに戻る

中医臨床 通巻36号(Vol.10 No.1)

中医臨床 通巻36号
 特集/糖尿病の治療




SOLD OUT

本号の主な内容
【特集/糖尿病の治療】

■いかに弁証論治するか(急性結膜炎)
■鄭魁山教授の針灸手技「焼山火・透天涼」「子午流注針法」


目次

⇒目次をPDFで見る

【特集/糖尿病の治療】
  * 消渇証に対する漢方エキス剤の応用(糖尿病)(菅沼栄)
  * 老中医たちの糖尿病治療について(菅沼栄)
  * 資料:糖尿病治療の臨床経験ほか(関幼波・施今墨)
  * 資料:三消論治(何志雄)
  * 資料:糖尿病に用いる薬対(施今墨)
  * 資料:消渇病(中医年鑑1983年)
  * 資料:糖尿病の弁証論治(中医年鑑1986年)
  * 資料:糖尿病の中医針灸治療(浅川要)
  * リポート/糖尿病の刺針の初歩的研究(湛剣飛)
  * 糖尿病針灸治療の症例報告(陳全新)
  * 資料:糖尿病の針灸弁証施治
  * 歴代文献にみられる糖尿病の針灸処方(浅川要)


* 中薬の運用/附子・甘草・阿膠・麦門冬・地黄の配薬法則について
          (岡田研吉) 

* いかに弁証論治するか<8>急性結膜炎(菅沼栄)

* 臓腑弁証シリーズ<12>肝の弁証(2)肝気鬱結(菅沼伸)
* 弁証論治トレーニング<10>問診(大小便)

* 鄭魁山教授の針灸秘技
  ・針灸手技・焼山火(小出建一)
  ・老中医のノウハウ/鄭魁山教授の「子午流注針法」(石田まき子)

* インタビュー/石学敏教授の「醒脳開竅法」を実践する(田中泰)

* 「電排針による小児マヒ治療」と「網膜色素変性症の針灸治療」
          (植地博子)
* 中医針灸学入門講座<12>病因(兵頭明)
* 名老中医医論/針灸における処方と配穴の原理(陸痩燕)
* 経穴作用の分類と応用<7> /寒証に適応する重要穴(寒門)(孫震寰)
* こんな場合どうしますか/食物がしみる(浅川要)
* 針灸よもやま話/ハリ師のお守り(浅川要)
* 読者通信/私が見た中国の「白癜風」治療(大野フジノ)
* 解説/「白癜風」治療について/私はこう分析する(厲暢)
* 「神針の朱」といわれる朱明清助教授の「頭皮針」療法

* 医古文の読み方<8>『史記』扁鵲倉公伝(石田秀実)
* 鐘医師の診断<23>汗をかかない患者に温薬と涼薬を併用(明堅)

ページトップへ戻る