サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼『中医臨床』

« 『中医臨床』 トップに戻る

中医臨床 通巻102号(Vol.26 No.3)

中医臨床 通巻102号
特集/眼科の中医治療







本号の主な内容
【特集/眼科の中医治療】
■中医による難治性眼疾患の治療効果
  ――中国の中医眼科病院からのリポート
■[臨床]糖尿病性網膜症の中医治療
■[臨床]中心性滲出性網脈絡膜症の中医治療
■[連載]中医学で難治性疾患に挑む
  悪性腫瘍の治療――乳ガンの治療を主として――
■[中医針灸による痛みの治療]がん性疼痛
■[針灸質問コーナー]さまざまな灸法の作用と使い分け


目次

⇒目次をPDFで見る

【特集/眼科の中医治療】
  * インタビュー/
    ・唐由之教授に聞く/中医の特色を活かす眼科病院の成果
          (編集部)
    ・胡世興教授に聞く/
      中西医結合で新局面を展開する中医眼科病院(編集部)

  * 中医による難治性眼疾患の治療効果(中国中医研究院眼科医院)
  * 難治性眼患の中医治療――当院4症例の報告(黒木悟・孫基然)
  * 日本伝統鍼灸に中医理論を応用した眼科治療(吉川正子)
  * 網膜中心静脈閉塞症の中医治療――私が体験した中医総合治療
          (山本勝曠)
  * 糖尿病性網膜症の中医治療(苑維・金明)
  * 中心性滲出性網脈絡膜症の中医治療(楊興華)
  * 眼疾患における中医の認識
  * 眼疾患に有用な方剤
  * 眼疾患における針灸治療


* 医学生・研修医・プライマリケア医のための中医学講座<第12回>
  (最終回)中医学・漢方全般に関するQ&A(続編)(入江祥史)
* 私の診察日記<11>(風間洋一)
* 生薬コラム<1>
  ・生薬の選び方・使い方/白芍と赤芍(小松新平)
  ・私はこう使う・臨床応用のコツ(江部洋一郎・小高修司・平馬直樹)
* 症例報告/血液疾患 [2](江部洋一郎)
* 東洋医学のためのパソコン入門講座<10>(最終回)
  「中医学」情報究極のリンク――探しものは何ですか?――(小林健二)

* 書籍紹介
  『やさしくわかる東洋医学』 根本幸夫著
  『漢方医として,私は病をこう思う』 中田薫著
  『こころと体に効く漢方学』 三浦於菟著

* 中医学で難治性疾患治療に挑む<第2回>
  悪性腫瘍の治療――乳ガンの治療を主として――
(小髙修司)
* 中医針灸による痛みの治療/がん性疼痛
* できる鍼灸師をめざして/学生のための針灸臨床講座<第7回>
  婦人科疾患[2](兵頭明)
* 温故知新/名医の鍼灸に学ぶ<9>/私の歩んだ針灸の道(下)(魏稼)
* 針灸質問コーナー
  71/日本の鍼灸師に弁証論治は必要か(石川家明)
  72/胃経は陽経なのに,なぜ陰である腹部を走行しているのか
          (左合昌美)
  73/各種の刺針法について(遠藤美穂)
  74/さまざまな灸法の作用と使い分け(早川敏弘)
* 弁証論治トレーニング<47>食欲減退・倦怠感がひどい
  ・回答へのコメント(高橋楊子・呉澤森)
  ・次回出題(呉澤森)
* リポート/「朱氏頭皮針」アメリカ研修会訪問記(高橋正夫)
* 視点/私の体験から/いかにすれば「痛くない針」にできるか
  ――そのキーワードは「正確な取穴」と「得気」――
(白川徳仁)

* 取材リポート/
  ・第3回中医学交流会(編集部)
  ・2005夏TCMN開催(編集部)
  ・関西TCMN(編集部)
* 新刊紹介/『[症例から学ぶ 中医針灸治療』
* COLUMN/世界の動き/オーストラリアにおける中医薬


*連載中の「『傷寒論』方薬解説」「中医臨床小説 老中医の診察室」「針灸の弁証論治」は,誌面の都合により休載いたします。


ページトップへ戻る