サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼『中医臨床』

« 『中医臨床』 トップに戻る

中医臨床 通巻107号(Vol.27 No.4) 特集/中医小児科

中医臨床 通巻107号
特集/中医小児科







本号の主な内容
【特集/中医小児科】
 [インタビュー]劉弼臣教授に聞く
    ――「東方の小児科王」の医術
 日本における小児科漢方の現状
 小児期アトピー背手皮膚炎
 小児気管支喘息
 小児疾患と湿熱
 小児推拿 ほか
■[成都中医薬大学を訪れて]
  内分泌科・皮膚科の臨床研修報告/糖尿病の治療
■[中医学で難知性疾患に挑む]C型肝炎
■[弁証論治トレーニング]脱肛
■[新・学生のための針灸臨床講座]不眠
■[針灸の弁証論治]舌がこわばる/顔面が痛い
■[針灸症例]蘇生後脳症


目次

⇒目次をPDFで見る

【特集/中医小児科】
  * インタビュー/「東方の小児科王」の医術
    ――革新の精神がもたらす中医小児科の未来――
      ――北京中医薬大学東直門医院・劉弼臣教授に聞く

  * 小児科漢方の現状(山口英明)
  * 小児期アトピー性皮膚炎の中医治療――私の診療録から(岩崎哲巳)
  * 朱瑞群教授による小児気管支喘息の診断と治療
          (沈朝斌・顧珺・王華)
  * 小児に対する中薬の使用原則(李元翰)
  * 小児疾患と湿熱の関係(王英)
  * 中医小児科の開祖・銭乙(于霞)
  * 小児推拿の有用性とその方法(平出由子)
  * 小児科用語解説 


* 中医学で難治性疾患治療に挑む<第7回>
  C型肝炎の治療
(土方康世)
* 私の診察日記<16>(風間洋一)
* 経方の魅力/経方とは何か<2>(黄煌)
* 中医動向/中国における中医薬のEBM(劉建平)
* 深層 News&Topic/波紋ひろがる「中医廃止」論争(藤田康介)
* 生薬コラム<6>/
  ・生薬の選び方・使い方/山梔子(小松新平)
  ・私はこう使う・臨床応用のコツ(長瀬眞彦・日笠久美)

* リポート/
  ・上海中医薬大学附属龍華医院腎内科での短期研修/
    陳以平先生の腎疾患に対する臨床を研修して(永田紀四郎)
  ・桑木崇秀先生を囲む会――漢方診療を60年(編集部)
  ・東京2006/21世紀人類健康/
    薬膳と食生活国際学術シンポジウム(星奈おみ)

*書籍紹介/
  ・『洋漢統合処方からみた漢方製剤保険診療マニュアル』
    改訂ハンドブック版/秋葉哲生著
  ・『漢方なからだ――病気と健康のしくみが見えてくる』/
          宮原桂・小菅孝明著

* リポート――成都の中医学に学ぶ旅/
  中医薬の故郷・成都中医薬大学を訪れて

  ・キ魯光教授の指導による内分泌科病棟研修(篠原明徳)
  ・キ魯光教授の糖尿病治療(文秀華・張雲飛)
  ・鐘以澤教授の皮膚科臨床研修 (村上梧庵)

* 新・学生のための針灸臨床講座<第1回>不眠(兵頭明)
* 弁証論治トレーニング<52>脱肛
  ・回答へのコメント(呉澤森・高橋楊子)
  ・次回出題(高橋楊子)
* 針灸質問コーナー
  85/患者さんに薬膳(食養)を続けてもらうには(大石京子)
  86/「七表八裏九道の脈」の脈象分類(王財源)
* 興味深い針灸症例/針治療が有用であった蘇生後脳症の1症例
          (松本淳・岡田英志)

* 私の臨床に影響を与えた一冊/『針灸学』上海中医学院編/
  なぜ私が中医学を学ぶようになったのか(浅川要)
* クローズアップ針灸/臨床家の育成と鍼灸師の活躍の場を求めて
  ――老人ホームでの学生ボランティアと鍼灸師の病院派遣――
          (関口善太)
* 針灸の弁証論治/こんな患者が来たらどうしますか<第7回>
  舌がこわばる・顔面が痛い

* 温故知新/名中医の鍼灸に学ぶ<11>
  虚証の治療と単穴の効果(金伯華)

* 研修報告/呉澤森先生の上海研修ツアー
  ――充実・有意義の4日間――(寺西丕)
* Report/李氏鍼灸研修団/南陽で李氏鍼灸を研修
  ――小児脳性麻痺の鍼灸治療を中心に――(中島敏弘)

ページトップへ戻る