サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼『中医臨床』

« 『中医臨床』 トップに戻る

中医臨床 通巻119号(Vol.30-No.4) 特集/中医火神派

中医臨床119号(Vol.30-No.4) 【特集/中医火神派】
火神派は,扶陽派・温陽派とも呼ばれる清代に誕生した新しい学術流派。ここ数年来,中国国内では多くの書籍・雑誌・新聞が火神派を取り上げ,大きな話題を呼んでいる。「陽気を重んじる」点を最大の特色としており,特に附子・桂枝・乾姜などの温熱薬を大量に用いながら経方を巧みに応用する。昨年から今年にかけて,火神派に強い関心をもつ数人の先生方から「代表的火神派医家の一人・山西省の李可先生に会って直接お話を伺いたい」との希望が寄せられた。そこで,当社で9月20日から5日間の研修旅行を企画し,10名の医師が参加された。研修では李可先生のほかにもう一人,火神派の中堅実力派中医・趙傑先生の臨床研修も行った。本特集では,山西研修旅行のリポートに加え,火神派の学術的背景,および火神派理論を応用した臨床報告などの関連記事・論文を集めた。


本号の主な内容

【特集】中医火神派
【緊急企画】新型インフルエンザ
■インタビュー 平馬直樹先生に聞く
  [中医学の魅力]日本漢方との対話
■[興味深い症例]湿による「めまい」の検討
■[『傷寒論』方薬解説]心陽虚証
■[針灸特集]頭痛
  気血倶虚による頭痛の処方穴/少陽頭痛に足臨泣
  骨変形を伴う頭痛/頭痛に対する吸玉療法
■[興味深い論文]針麻酔が世界の医学革新を導く

bird.jpg本号の読みどころ

「読みどころ」のページを開く
←左のアイコンまたは各タイトルをクリック

■日本と中国の新型インフルエンザ治療の経験を交流。
 緊急企画 新型インフルエンザ


■中医学と日本漢方の対話から見えるもの。
 中医学の魅力(平馬直樹)


■難治性の「めまい」に苓桂朮甘湯合真武湯が著効。
 症例 湿による「めまい」の検討(矢数芳英ほか)


■「日本的中医針灸」確立へ,教科書から臨床へのステップアップ。
 針灸特集 頭痛の針灸治療


目次

⇒目次をPDFで見るPDFでご覧になれます

特集/中医火神派
 ◆リード(編集部)
 ◆リポート/火神派に出合う旅へ(編集部)
 ◆症例報告/扶陽法を運用した3症例(趙傑)
 ◆コラム/火神派の生まれた時代(風間洋一)
 ◆考察/食用附子の歴史と火神派に関する考察(岡田研吉)
 ◆学術思想/火神派の開祖・鄭寿全の学術思想(小金井信宏)
 ◆臨床/新型インフルエンザ予防と制御についての私見(李可)
 ◆症例報告/陽衰陰盛の2症例(伊藤良)

*インタビュー/平馬医院 日本医科大学 平馬直樹先生に聞く「読みどころ」を見る
  中医学の魅力/第5回/日本漢方との対話

医学生のための漢方医学【臨床篇】特別企画「読みどころ」を見る
   新型インフルエンザ
 ◆インフルエンザの漢方治療(安井廣迪)
 ◆日本における新型インフルエンザの治療経験(加島雅之)
 ◆広東省中医院における新型インフルエンザの治療経験(張忠徳)
 ◆新型インフルエンザ治療討論会
     (中国側:鄒旭・張忠徳・丁邦晗・覃小蘭・周 紅・奚小土
      日本側:安井廣迪・平馬直樹・加島雅之・高村光幸 訳:斉藤宗則)

私の診察日記(27)(風間洋一)
興味深い症例/湿による「めまい」の検討「読みどころ」を見る
  難治性の「めまい」に苓桂朮甘湯合真武湯が著効した症例
   (矢数芳英・新妻知行・井村博美・風間洋一)
『傷寒論』方薬解説/心陽虚証(聶恵民)
中医診察ナビゲーション/難治性疾患の弁証論治
  肝・心両方面からの治療 /トゥレット症候群(丁元慶)
未病を治す智恵/膏方の魅力(藤田康介)
杏林春秋/蕁麻疹に対する漢方治療〈前〉
     営衛不和を中心に(江部洋一郎)
リポート/2009伝統医薬国際科技大会・博覧会が開催(編集部)
周仲瑛教授の中医診断技法 その⑦
  難病や重症疾患では,腹診を忘れてはならない(郭立中)
ドキュメント/老中医の経験を結集して未知の感染症に挑む
   「十老」による鳥インフルエンザ対策

生薬コラム18 最終回
  生薬の選び方・使い方/麻黄(小松新平)
  私はこう使う/臨床応用のコツ(秋葉哲生・森由雄・日置智津子)

弁証論治トレーニング64/幼児アトピー性皮膚炎
  回答へのコメント(高橋楊子・呉澤森)
  次回出題 眼圧が下がらない緑内障の症例(呉澤森)

針灸特集「読みどころ」を見る ■頭痛
 ◆頭痛の基礎知識(荒井勝彦)
 ◆気血倶虚による頭痛の処方穴を考える/五臓相関病証を主として(王財源)
 ◆少陽頭痛に対する足臨泣の鎮痛効果(関口善太)
 ◆骨変形を伴う頭痛の1症例(遠藤美穂)
 ◆頭痛に対する中医学にもとづいた吸玉療法(宮本繁)

鍼灸百話/第3話/得気は必要か?!(篠原昭二)
興味深い論文/針麻酔が世界の医学革新を導く(黄龍祥)
針灸質問コーナー
  112/中風との向き合い方(島津秀紀)
リポート/認知症の予防治療に中医学・漢方の可能性をみる
   認知症国際フォーラム(編集部)

書籍紹介/『金匱要略明義』(劉藹韵著,宇都眞理子編纂・訳)
書籍紹介/『一語でわかる中医用語辞典』(辰巳洋主編)
書籍紹介『脳は鍛えるな!』海馬を元気にする食事と運動(酒谷薫著)
書籍紹介/『漢方・中医学講座-臨床生薬学編』(入江祥史監修・執筆,牧野利明編集・執筆)

ページトップへ戻る