サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼『中医臨床』

« 『中医臨床』 トップに戻る

中医臨床 通巻125号(Vol.32-No.2) 特別連載/循環器疾患〈後篇〉

中医臨床 通巻125号(Vol.32-No.2)特別連載/循環器疾患〈後篇〉 【特別連載/循環器疾患〈後篇〉】
  循環器疾患の後篇。今号では「虚血性心疾患」「慢性心不全」「不整脈」を取り上げ,中医学,日本漢方それぞれの経験を集約して,標準的治療の確立を試みる。
  古代よりこの領域の漢方治療経験は豊富に蓄積されているが,近年は,現代医学の発達により,中医学や漢方医学が介入できる領域はきわめて限定されている。
  現代は,発達した診断機器を用いて早期に危険性を発見し,西洋医学的治療の併用を考慮しながら漢方治療を行う時代に入っている。しかしながら,例えば安定狭心症のように漢方併用が有用な疾患,西洋薬の服用によって副作用がでる場合,予防的治療など,積極的に漢方治療を試みるべき領域も残されている。
  中医学の弁証施治,日本漢方の治療経験を整理し集約した本企画は,循環器領域の疾患を治療する際の参考になるだろう。


本号の主な内容
【特別連載/循環器疾患〈後篇〉】
■[大剤の応用]大黄(仝小林)
■[難病・奇病に挑む杜雨茂教授の臨床]食亦
■[国医大師・朱良春先生の臨床]仲景方・張錫純方による坐骨神経痛の治療
■[鍼灸特集]心因性の肩こり
■[私の鍼灸補瀉手技]石学敏の手技量学にもとづく補瀉法(河原保裕)
■[仮免鍼灸臨床からの脱皮]教科書的脾虚症状に騙されるな!(金本貴行)

bird.jpg本号の読みどころ

「読みどころ」のページを開く
←左のアイコンまたは各タイトルをクリック

■剤量こそが方薬の神髄。
  「大黄」の大量応用(仝小林) 


■難病・奇病に挑む 杜雨茂教授の臨床
 食亦(しょくえき)


■東日本大震災 中医学では何ができるのか
 鍼灸マッサージボランティア/被曝への対応


■私の鍼灸補瀉手技
 石学敏の手技量学にもとづく補瀉法(河原保裕)



目次

⇒目次をPDFで見るPDFでご覧になれます

【特別連載/循環器疾患〈後篇〉】
   (医学生のための漢方医学【臨床篇】編集委員会)
 ◆各論/虚血性心疾患
 ◆各論/慢性心不全
 ◆各論/不整脈


大剤の応用/第2回/大黄(仝小林)「読みどころ」を見る
中医診察ナビゲーション◇難治性疾患の弁証論治
  開鬱・安神による鬱熱治療―心経の鬱熱による不寐(丁元慶)
師に学ぶ/国医大師・路志正先生5
  清陽を上昇させてめまいを治療する(李福海)

杏林春秋/経方医学臨床録〈3〉(江部洋一郎)
興味深い症例/射精後に出現する汎発性紅斑の症例
   ―経方医学による治療経験―(小栗重統・篠原明徳・江部洋一郎)

難病・奇病に挑む杜雨茂教授の臨床[第1回]
  食亦(趙天才・董正華)「読みどころ」を見る


『傷寒論』方薬解説/大陥胸湯証〈前篇〉(聶恵民)
古典に学ぶ  張錫純の附子の配合応用―『医学衷中参西録』から(岡部佐重)
傷寒論講座/『傷寒論』にまつわる疑問[第3回]
  宋以前の傷寒の治療法って ―宋以前篇 その2―(別府正志)

内経入門/第2回/『黄帝内経』はどのような本?(斉藤宗則)
質問コーナー/『黄帝内経』を「こうていだいけい」と読むのはなぜですか?(回答者:斉藤宗則)

興味深い論文/五行思想のルーツ再考(譚春雨)
国医大師・朱良春先生の臨床3  仲景方・張錫純方による坐骨神経痛の治療(邱志済)
未病を治す智恵⑦ 端午の節句にみる中医学の未病思想(藤田康介)

針灸特集/心因性の肩こり
  肩こりの基礎知識(荒井勝彦)
  1 震災後より肩こりと不安感が出現した一症例(髙士将典)
  2 労働環境の変化に伴う心因性肩こりの一症例(奈良上眞)
  3 慢性肩こりの悪化により心因性要因が明らかになった一症例(和辻直)
  4 心を意識した肩甲骨内側の痛みの症例(宮本繁)

新連載/リレー連載「私の鍼灸補瀉手技」
  連載開始にあたって(編集部)
  第1回 石学敏の手技量学にもとづく補瀉法(河原保裕)「読みどころ」を見る


弁証論治トレーニング70〈アトピー性皮膚炎ステロイド離脱症状〉
  回答へのコメント(高橋楊子・呉澤森)
  次回出題:「十二指腸潰瘍」(呉澤森)

奥義開陳/程しん農が伝える鍼灸における3つの要
  (二)三才進鍼(楊金生・程凱ほか)

インタビュー/社団法人老人病研究会会長・川並汪一先生に聞く
  認知症治療を担う鍼灸師の育成
  ――認知症Gold-QPDの試み――(編集部)

仮免鍼灸臨床からの脱皮/その6
  脾虚を検証する/教科書的脾虚症状に騙されるな!
  開業鍼灸師がおさえておくべきポイント(金本貴行)

被災地リポート/鍼灸マッサージで震災ボランティア「読みどころ」を見る
   ―宮城県塩竃市・浦戸諸島での活動報告―(藤井正道)
寄稿 原発事故による被曝に中医鍼灸は何ができるのか(白川徳仁)

読者の広場/2011年上海研修旅行に参加して(山本澄子・鈴木一生)

鍼灸百話/第9話/足陽明経筋病としてのぎっくり腰(篠原昭二)

書籍紹介/『頭皮鍼治療のすべて』(淺野周著)

ページトップへ戻る