サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼『中医臨床』

« 『中医臨床』 トップに戻る

中医臨床 通巻166号(Vol.42-No.3) 特集/慢性疼痛の中医治療

中医臨床 通巻166号(Vol.42-No.3)特集/慢性疼痛の中医治療 慢性の痛みに中医学を活用する
【特集】慢性疼痛の中医治療

慢性疼痛治療の最終目標の一つは痛みの軽減であるが,治療による副作用をできるだけ少なくしながら痛みの管理を行い,患者のQOLやADLを向上させることが重要になる。
わが国では慢性疼痛に対し漢方薬が使われることも少なくなく,鍼灸治療はすでに一般的に用いられており,現代医学とは異なる視点を持つ伝統医学は慢性疼痛治療のさまざまな局面で活用されている。
中国でも慢性疼痛に対して湯液・鍼灸治療が積極的に行われているが,基本となる考え方は,痛みに対する「不通則痛,通則不痛」「不栄則通,栄則不痛」に集約され,不痛則通では気滞に理気,瘀血に活血,痰飲に化痰,不栄則痛では気虚に補気,血虚に補血が用いられる。さらに中医学では「病が長引けば絡に入る」といわれることから絡病学の観点も見逃せない。
本特集では,中国の文献より絡病の観点からみた慢性疼痛の治療のほか,「神」に着目した鍼灸治療について紹介し,さらに日本の経験として,漢方・鍼灸・灸法の症例報告を掲載する。

定価 : 1,760円(本体1,600円+税)



本号の主な内容

【特集/慢性疼痛の中医治療】
  ■[杏林春秋]脾の実体と機能に関する考察~脾則大網説~
    (篠原明徳)
  ■[新・方剤学]“散”の治法:和解剤(加島雅之)
  ■[インタビュー]かゆみの中医治療(佐田義尚)
  ■[TCMA研修]ユニット配穴の運用委(鎌田剛)
  ■[インタビュー]奇経八脈の臨床応用の魅力(高野耕造)
  ■[鍼灸百話]肺経の経脈病証構築の試み(篠原昭二)



目次

⇒目次をPDFで見るPDFでご覧になれます




◆特集/慢性疼痛の中医治療
 リード(編集部)
 絡病理論/絡病の観点からみた慢性疼痛の病因・病機・証治(張邵寧)
 絡病と通絡/帯状疱疹後遺神経痛に対する絡病学・通絡法の応用
  (王栩芮ほか)
 針灸治療/針灸による「神」治療を用いた慢性疼痛治療(余東ほか)
  痛証に対する調神止痛法の臨床応用
 漢方治療/桂枝茯苓丸や四物湯が著効した慢性疼痛の2症例
  (佐々木翼)
 針灸治療/新型コロナ感染の後遺症を疑う慢性疼痛に対する鍼灸治療
  の1例(齋藤隆裕ほか)
 灸療法/慢性疼痛への灸法の使い分け(早川敏弘)

新・方剤学~方剤分類と方意~/第16回/“散”の治法:和解剤〈5〉
  (加島雅之)
中医診察ナビゲーション◇難治性疾患の弁証論治/
  清熱利湿・開鬱怡神による痰熱内蘊の抑うつ状態治療(丁元慶)
銀座煎じ研究会/症例カンファレンス/第15回/月経前症候群
  (田中耕一郎ほか)
杏林春秋/脾の実体と機能に関する考察 ~脾則大網説~(篠原明徳)
興味深い論文/新型コロナウイルス感染症の無症状感染者に対する
  中医薬の介入プラン(王琦ほか)
ニッポンの漢方薬局を訪ねる⑰/サダ薬局/かゆみの中医治療
  (佐田義尚/[聞き手]猪越英明)
乾くんの教えて!望・聞・問・切診/第12話/聞診 気味(前編)
  (石井尊子)

弁証論治トレーニング111〈顔面部の耐えがたい痒み〉(呉澤森)
 回答へのコメント(呉澤森・高橋楊子)
 次回出題(滝沢健司)

TCMA研修 フィードバックto the フューチャー[第4回]/
  ユニット配穴の運用(鎌田剛)
INTERVIEW/高野耕造先生に聞く/奇経八脈の臨床応用の魅力
  (高野耕造/[聞き手]編集部)
針灸処方学/第7回/対位処方①/頭部・顔面部・五官病証処方
  (渡邉大祐)
リポート/臨床における経絡・経穴の意義とは何か~
  第70回 全日本鍼灸学会学術大会(福岡大会)より~(編集部)
仮免鍼灸臨床からの脱皮/その47/「月経の機序」を検証する/
  胞宮と奇経八脈の関係について(大石知絵子)
鍼灸百話/第50話/肺経の経脈病証構築の試み(篠原昭二)

未病を治す知恵48/中国のデルタ株対策と中医学(藤田康介)
書籍紹介/『中医学教科書シリーズ⑤ 方剤学』(辰巳洋主編)
書籍紹介/『令和傷寒論』(森由雄編著)

ページトップへ戻る