サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼出版書籍のご案内

« 書籍のご案内 トップに戻る

中医学をマスターする5つのステップ

『[新装版]中医学入門』

『[新装版]中医学入門』

  神戸中医学研究会編著
  A5判 364頁 並製
  定価:本体4,800円+税





*中医学の全体像を1冊の本にまとめた解説書としてすでに高い評価を獲得し,30年にわたって版を重ねてきた名著の第3版。
本書は,中医学の生理観・病理観から,中医学特有の診断方法,弁証論治の概要について網羅し,中医学の世界へ誘うナビゲーターとしての役割を担ってきた。
新装版では,中医学の原点に戻って,弁証論治にいたる基礎,とくに最も中医らしい考え方である陰陽論や,人体を構成する基礎物質に対するとらえかたなどで,旧版とは一新。

〈1〉中医学の特徴中医学の大きな特徴である「統一体観」と「弁証論治」を解説。
〈2〉基礎理論中医学の「生理」(精・陰・陽・気・血・津液,臓腑,経絡,陰陽,五行)と,「病理」(病因と病変)を解説。
〈3〉四診中医学特有の診断方法「望診」「聞診」「問診」「切診」を解説。
〈4〉弁証論治中医学における診断と治療の全過程である弁証論治を解説。すべての弁証の基本となる「八綱弁証」,人体の機能面・物質面に重点をおいた「気血津液弁証」「臓腑弁証」,外来の病邪や病理産物にたいする「病邪弁証」,急性の発熱性疾患にたいする「外感熱病弁証」について述べる。
〈5〉治療法則弁証結果にもとづいて当面の状態を最適に導く手順をきめる「治則」と,治則に応じた具体的手段を選択する「治法」を解説。


拡大できます→『[新装版]中医学入門』




神戸中医学研究会による名著シリーズ
 ☞『[新装版]中医学入門』(第3版)
 ☞『[新装版]中医臨床のための中薬学』
 ☞『[新装版]中医臨床のための方剤学』
 ☞『[新装版]中医臨床のための温病学入門』
 ☞『中医臨床のための医学衷中参西録』第1巻[傷寒・温病篇]
 ☞『中医臨床のための医学衷中参西録』第2巻[雑病篇]




読者の声


 
内容紹介

目 次       目次をPDFで見るPDFでご覧になれます

ページトップへ戻る