サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼『中医臨床』

« 『中医臨床』 トップに戻る

中医臨床 通巻132号(Vol.34-No.1) 特集/無症候性疾患の中医治療

中医臨床 通巻132号(Vol.34-No.1)特集/無症候性疾患の中医治療 【特集/無症候性疾患の中医治療】
中医治療の特色は患者の主訴をどう解決するかにある。主訴に対して四診を駆使し,病因病機を捉えて治療に臨む。その際,病態を把握するうえで大きな手がかりとなるのは症状であるが,そもそもその症状が現れていなければ,中医はどうアプローチするのだろうか。
これは,西洋医学的な種々の検査によって異常と認められるが,目立った自覚症状のない患者に対する弁証論治として,80~90年代に提起された比較的新しいテーマである。 現在,中国では慢性肝炎・糖尿病・高血圧症・高脂血症・早期腎炎などを対象に,ミクロ弁証,潜証,体質弁証,専病専方といった方法論が提案されている。
ただ,こうした疾患に対し現在の日本では,西洋薬によってコントロール可能なケースが少なくない。そこで,本特集では,まず中国での取り組みの概略を紹介した後,なおも無症候性で問題となる,症状のない腎疾患,がんの転移・再発予防, AIHに対する中医学的アプローチを取り上げる。

本号の主な内容

【特集/無症候性疾患の中医治療】
■[巻頭インタビュー]「弁トレ」コメンテータがみた日本の中医学(呉澤森・高橋楊子)
■[大剤の応用]柴胡(仝小林)
■[論考]三焦の実体と相火に関する考察(篠原明徳)
■[興味深い論文]経絡弁証は鍼灸臨床体系の核心〈前篇〉(趙吉平)
■[穴性論]座談会 「穴性をどう捉えるか」(金子朝彦ほか)
■[中医精神科学]中医精神科学のあゆみ(王彦恒)

bird.jpg本号の読みどころ

「読みどころ」のページを開く
←左のアイコンまたは各タイトルをクリック

■熱の病態をいかに捉え,治してきたのか。
 さまよえる「熱」の変遷 ~その2:清熱の方法と意義の変遷~(加島雅之)

■中医学に残された未解決課題,三焦の実体に迫る。
 三焦の実体と相火に関する考察(篠原明徳)

■鍼灸臨床における経絡弁証の役割と使い方。
 経絡弁証は鍼灸臨床体系の核心〈前篇〉(趙吉平)

■日本の臨床に適合した穴性構築に向けて。
 穴性論座談会「穴性をどう捉えるか」(金子朝彦ほか)



目次

⇒目次をPDFで見るPDFでご覧になれます


巻頭インタビュー/呉澤森先生・高橋楊子先生に聞く
  「弁トレ」コメンテータがみた日本の中医学
(編集部)

特集/無症候性疾患の中医治療
解説 (編集部)
総論 無症状疾患に対する弁証論治の方法(譚碧珠・李徳輝・寥鋭ほか)
腎疾患 周全栄氏の無症状腎疾患治療(李航・呉謙・熊璟ほか)
肝疾患 自己免疫性肝炎の中医プロセスの分析(姜冬雲・徐姍姍・李建才)
がん転移・再発予防 中医薬によるがん転移予防の考え方(陳軍平)

大剤の応用/第8回/最終回/柴胡(仝小林)
中医診察ナビゲーション◇難治性疾患の弁証論治
  清熱・化痰・養陰による機能性水腫治療(丁元慶)

論考/さまよえる「熱」の変遷/その2:清熱の方法と意義の変遷(加島雅之)「読みどころ」を見る
論考/三焦の実体と相火に関する考察(篠原明徳)「読みどころ」を見る

杏林春秋/火神派に学ぶ生薬の使い方(河田佳代子・伊藤良)
杏林春秋/胃脘痛の弁証要点についての検討(川又正之)
杏林春秋/五行理論について<4>
  ~五行と五臓の相互関係――心肝同病~(土方康世)
杏林春秋/経方医学臨床録〈10〉(江部洋一郎)

唐容川の『血証論』を読む
  陰陽水火気血論にみる気血水の理解〈後篇〉(田中耕一郎・板倉英俊・奈良和彦ほか)
中医精神科学/第1回/中医精神科学のあゆみ(王彦恒)
漢方エキス製剤の中医学的運用
  新薬でコントロール不良の高齢者の高血圧治療2例(尾形マリ)

中国最新情報/中医ニュースPick up/2012年中医薬十大ニュース

舌診の成り立ち/第3回
  外感病に対する舌診の形成〈2〉/~傷寒医家の舌診~(梁嶸)
『傷寒論』講座/『傷寒論』にまつわる疑問/第10回/最終回
  宋板の厥陰篇って何だろう/宋板篇その7(別府正志)
食医同源/粥の話③/孫思邈と粥(辰巳洋)
国医大師・朱良春先生の臨床⑨
  甘淡補脾法による肝硬変腹水の治療(邱志済)
傷寒論歴史考4/『金匱玉函経』考(銭超塵)
未病を治す智恵⑭/地域医療における中医学がさらに充実(藤田康介)

弁証論治トレーニング77/1年以上続く頻回の下痢(呉澤森・髙橋楊子)

興味深い論文/経絡弁証は鍼灸臨床体系の核心〈前篇〉(趙吉平・陳晟)「読みどころ」を見る

穴性論/座談会/穴性をどう捉えるか
    (金子朝彦・岩渕浩司・田辺義典・髙士将典・李昇昊)
「読みどころ」を見る
穴性論/いま,穴性を問う/~日本の臨床に適合した穴性構築に向けて
  第5穴/三陰交(金子朝彦・岩渕浩司・田辺義典・髙士将典・李昇昊)

寄稿/経穴効能に関する考察(渡邉大祐・郭義)
仮免鍼灸臨床からの脱皮/その13
  教科書の使い方/斜め読みライブラリー(近江國宏)
鍼灸百話/第⑯話/経脈の異常を探る好適な場所(篠原昭二)

書籍紹介/『「中医学」が効く!』(何仲涛著)

ページトップへ戻る