サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

▼『中医臨床』プラス

« 『中医臨床』プラス トップに戻る

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 中国の経験に学ぶ

 
 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 中国の経験に学ぶ

 
4月3日,世界中医薬学会連合会(世界中連)は,世界の会員向けに,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療経験を共有する目的で,特別講座をネット配信した。
このたび,特別講座のうち,仝小林教授(中国科学院院士)と黄璐琦教授(中国工程院院士)の講座について,世界中連より,日本語に翻訳して配信する許諾を得たので,準備ができたものから順次公開する。
 
 
■<新型冠状病毒肺炎中医認識与治療> 仝小林院士
 邦題:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の中医の認識と治療
 内容:最初に感染が広がった湖北省武漢にいち早く入り治療にあたった仝小林教授(中国科学院院士)による特別講座。仝教授は本疾患を「寒湿疫」と捉え,特に早期の治療で,温疫との違いを強調している。
 
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の中医の認識と治療」仝小林(中国科学院院士)(PDF)PDFでご覧になれます
 ※スライド(中国語)と口述部分の逐語訳(日本語)
 
 
■<新型冠状病毒肺炎中医診療経験分享> 黄璐琦院士
 邦題:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の中医診療経験を分かち合う
 内容:最初の国の中医医療チームを率いて,武漢に入り治療にあたった黄璐琦 教授(中国工程院院士)による特別講座。講座では,重症・危篤患者を対象とし た金銀潭医院と,軽症・普通型を対象とした東西湖方艙医院と将軍路街衛生院に おける経験をそれぞれ紹介。さまざまな重症度において中医が有効であったと強 調。さらに彼らが用いた「化湿敗毒方」(後に顆粒剤になる)についても紹介し ている。
 
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の中医診療経験を分かち合う」黄璐琦 (中国工程院院士)(PDF)PDFでご覧になれます
 ※スライド(中国語)と口述部分の逐語訳(日本語)
 
 

ページトップへ戻る