サイト内キーワード検索


お問い合せ

東洋学術出版社

〒272-0021
 千葉県市川市八幡
 2-16-15-405

販売部

  TEL:047-321-4428
  FAX:047-321-4429

編集部

  TEL:047-335-6780
  FAX:047-300-0565

  • HOME
  •  > 
  • 『漢方と診療』
tkampo-to-shinryou1.gif
【季刊】『漢方と診療』

<医療関係者向け>


漢方と診療 通巻31号(Vol.8-No.3) 鼎談/患者に寄り添うこころへのアプローチ

本誌の紹介
漢方医学を日常の診療に活かすための医学専門情報誌。
特集記事や漢方入門者のためのシリーズ
連載,診療現場からのレポート,コラム
などの幅広いコンテンツで情報を提供。

A4変形判/並製/約60頁
定価:本体560円+税

■ご注意ください■
※本誌は一般書店では入手できません。
 購入をご希望の方は当ホームページから
 ご注文ください。FAXや電話によるご注文
 も受け付けております。
※通巻29号(Vol.8 No.1)より弊社での
 発行となりました。そのため,それ以前の
 バックナンバーの取り扱いは
 行っておりません
のでご了承ください。

漢方と診療 通巻31号(Vol.8 No.3) 

漢方と診療 通巻31号(Vol.8-No.3) 鼎談/患者に寄り添うこころへのアプローチ 【鼎談】患者に寄り添うこころへのアプローチ
 現代社会は,高度情報化や超高齢化の進展などさまざまな環境の変化により,多くの人がストレスを抱えている。医療の現場ではストレスが原因となって起こる疾患・症状に対して,体だけではなく「こころへのアプローチ」が求められている。今回の鼎談では,司会に精神科医で日常の診療で漢方薬を活用している岡留美子先生(岡クリニック)を迎え,上田ゆきこ先生(日本大学医学部附属板橋病院・ねりま西クリニック)と杉本貴美子先生(杉本クリニック)に参加いただき,日常の診療で「こころへのアプローチ」を行うにあたり,心身一如の観点から漢方がこころと体にどのような影響を与えるか,漢方をどのように活用するかを,岡先生が提示する症例を中心にしてそのポイントを語っていただいた。

定価 : 本体560円+税

漢方と診療 通巻30号(Vol.8 No.2) 

漢方と診療 通巻30号(Vol.8-No.2) 特集/ジェネラリストのための漢方薬-急性期医療で役立つ使い方- 【特集】ジェネラリストのための漢方薬
    -急性期医療で役立つ使い方-

 わが国では高齢化に伴い特定の臓器や疾患だけではなく,多様な健康問題を抱える患者が今後ますます増えることが予想されている。そうした中で,幅広い視野で患者を診る総合診療医にいま注目が集まっている。
 冒頭の鼎談は,「こんなケースに使ってみよう!(総合診療編)」と題し,NHKの番組『総合診療医ドクターG』に出演の林寛之先生(福井大学医学部附属病院)を司会に迎え,小淵岳恒先生(福井大学医学部附属病院)と加島雅之先生(熊本赤十字病院)が参加。総合診療を担うジェネラリストが身につけておきたい漢方薬の使い方について,実際の症例を交えて話し合っていただいた。そこでは,総合診療の現場において急性期から活用できる漢方治療のヒントが見えてきた。
 インタビューでは,高度救命救急センターで集中治療の専門医として治療にあたる熊田恵介先生(岐阜大学医学部附属病院高次救命治療センター)に,3次救急の最前線で漢方薬をどのように活用しているかうかがった。

定価 : 本体560円+税

漢方と診療 通巻29号(Vol.8 No.1) 

漢方と診療 通巻29号(Vol.8-No.1) 特集/リハビリテーション医学・医療に漢方をどう活かすか 【特集】リハビリテーション医学・医療に
     漢方をどう活かすか

 現在,リハビリテーション医学・医療の対象は幅広い領域に及んでいます。そこで漢方薬を用いるメリットとは何か,  また,臨床の現場で漢方薬がいかに活用されているかを,さまざまな疾患での実際の症例を交え,鼎談とインタビュー記事で紹介しています。

定価 : 本体560円+税

バックナンバー一覧

  ※ご注意ください※
   通巻29号(Vol.8 No.1)より当社での発行となりました。
   そのため,それ以前のバックナンバーの取り扱いは行っておりませんので
   予めご了承ください。


 

ページトップへ戻る